2010年04月21日

明石歩道橋事故 元副署長を聴取 指定弁護士 録画・録音の方針(産経新聞)

 平成13年に11人が死亡した兵庫県明石市の歩道橋事故で、神戸第2検察審査会が榊和晄(かずあき)元明石署副署長(63)について業務上過失致死傷罪で起訴議決したことを受け、神戸地裁が検察官役として選任した指定弁護士は15日、榊元副署長に出頭を要請、補充捜査として任意の事情聴取を始めた。指定弁護士は取り調べの全過程を録画・録音する方針を明らかにしており、榊元副署長が同意すれば全国初の全面可視化となる。

 榊元副署長はこの日午前、神戸市須磨区の自宅を出てタクシーで神戸地検に向かったが、詰めかけた報道陣に対しては「申し上げられません」とだけ話し、午後1時前、神戸地検に入った。

 改正検察審査会法は、「検察官と同様の職務を行う」として、指定弁護士も被疑者の取り調べなどの補充捜査を行えると規定。警備計画の不備や、当日の危険性の認識などを聞くとみられる。

 関係者によると、指定弁護士3人は、取り調べの過程をすべて録音・録画する「全面可視化」用の機材を、4月中に榊元副署長の事情聴取のために使用することを神戸地検に打診しており、指定弁護士も「被疑者の人権にも配慮する」として、補充捜査に全面可視化を導入する方針を示していた。

 榊元副署長は歩道橋事故後の14年3月に警察学校管理官に異動。その後自動車警ら隊長、運転免許試験場長を務め、17年1月に定年前の57歳で退職し、その後は量販店に再就職した。

【関連:明石歩道橋事故】
指定弁護士に執務室など提供
“検察官役”に3弁護士を選任 神戸地裁
遺族「なぜこれだけ時間かかったのか」
被害者救済? 感情に流される? 「起訴議決」冷静な検証を
指定弁護士が検察官役、難しい公判か

JR西社長、再発防止策を報告=国交相「定着が大事」−報告書漏えい(時事通信)
安藤前知事、二審も実刑=宮崎談合・汚職事件−福岡高裁支部(時事通信)
男児専門ポルノサイトを摘発=全国初、「少年愛広めたかった」−埼玉県警(時事通信)
<郵便不正公判>村木被告、涙で無罪主張 関与改めて否定(毎日新聞)
民主・鹿児島県連、徳之島移転案の撤回要求(読売新聞)
posted by ハヤカワ マサユキ at 11:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。